サイトタイトル変更はSEOに悪影響のウソ・ホント

ブログを始めたばかりの人は、 

サイトのタイトル名どうしようか、やりながら考えていこーーーって思っている人結構いるんではないですか?そう、そこのあなた!それやっちゃだめーーーに入ってるかもしれませんよ。 

このブログは、始めたばかりの初心者の方を対象にトピックをつくっています。 

今日も一つずつ、課題を潰していきましょう! 

サイトタイトルを何度も変えるとアクセス数が下がる?! 

結論からいいますと、サイトタイトルはなるべく初期の段階でこれだというものを決めたほうがいいということです。 

検索エンジンが最も重視する項目の1つが<title> タグです。 

risblogでいうとrisblogという部分になります。もっと長いタイトルの人、具体的なサイトの内容をタイトルに持ってきている人もいますよね。 

このサイトタイトルのことです。 このサイトタイトルは最初に変えないように設計した方がいいというお話です。

公開中のページで、titleやmetaタグを何度も変えることは、SEOでは注意が必要です。 

特に、キーワードを異なるものに変更する場合は評価に大きく影響してきます。新しいページに対する評価がまた0からやり直しになりますので、当然新しいキーワードに対する順位は下がってしまいます。 

例えば、 

「初心者のSEO対策」 というタイトルがあったとします。 

これを、 

「アクセスアップの講座ブログ」 

のように、全く違うワードを持ってくると、 

「SEO対策」というキーワード評価はなくなり、 

「アクセスアップ」というキーワード評価が1からのスタートになります。 

なので、タイトルをむやみに変更するのはSEO的にはよろしくないということです。 

しかし、一般には素人がブログを始める場合、初動期は、方向性もテーマも漠然としている場合が多いです。書き進めていく中で、どうしても、コンテンツとタイトルがマッチしなくなって来ると場合があります。そうなったら、タイトル変更の検討をしなければなりません。

 注意点として、タイトル変更は良くも悪くも検索順位が変動する場合があるので、慎重に選びましょう。 

 タイトルを付けるポイント 

じゃあ、どんなタイトルを付ければいいの? 

どんなタイトルなら、SEO対策につながるの? 

タイトルのクリック率を改善するコツを学んでいきたいと思います。 

タイトルは、一番ターゲットとしているキーワードを持ってこないと SEO対策としては、不利です。 

例えば、 

「嵐の活動」で検索した人の意図に、「最新情報」 

という裏の意図があるならば、その記事に最新情報につながる記事が載ってなければいけません。 

サイトタイトルを「嵐の活動ブログ」とするならば、 

そのサイトタイトルに対して、中身のない記事ばかりがあるコンテンツであれば、ユーザーはすぐ逃げてしまいます。 

そのようなブログへの流入は基本的に直帰率が高くなってしまうことが多いです。せっかくブログまで辿り着いてくれたのですから、どうにかあなたの提供しているビジネスに興味を持ってもらいたいですよね。 

まずはタイトルに対して、コンテンツがユーザーの悩みや疑問を解決する(高品質な)コンテンツになっているかをよく確認してみましょう。 

高品質なコンテンツであれば、自ずと上位表示されるはずです。Googleロボットを味方につけたいのであれば、まずこの辺を意識するといいでしょう。  

ブログでアクセスを集めるには、読者のハテナを解決するような良質な記事で検索上位を狙う必要があります。 

タイトルのクリック率を改善するコツ 

サイトタイトルは検索クエリでサイト表示されたときに、クリックしたくなるタイトルを出すこともできます。 

それが、サイトタイルなんです。 

例えば、「SEO」で検索したときにこういった画面が出てくると思います。 

この緑の部分がサイトタイトルです。 

検索画面でサイトタイトルまで表示されるので、ここのキーワードが検索意図と合致した場合、アクセスされるチャンスが増えていくことにつながっていくのです。 

記事のタイトルが長い場合は表示されませんが、 サイトのタイトル、記事のタイトル、そのコンテンツ本体に 検索クエリで表示されているキーワードが網羅されていれば、 Googleから「良質なコンテンツをもったサイト」という感じで評価が上がります。 

作ってきたコンテンツとサイトタイトルを見比べて、自分は検索ユーザーに何を伝えたいのかをよく考えた結果、合っていないとなると、サイトタイトル自体も検討してもよいと思います。 

全てのコンテンツに対して、強調したいキーワードが最初からあるのであれば、早いうちにサイトタイトルにそれを組み込むのはありかもしれませんね。

ただし、繰り返しになりますが、サイトタイトルの変更は、Googleの評価基準に大きく影響していますから、具体的なキーワードを盛り込めば盛り込むほど、方向性を限定されることにもなりますので、そのキーワードを長く使っても支障が出ないかどうか、慎重に考えて決めましょう。