パーマリンクおすすめは投稿名です。

パーマリンクを途中で変える? はい、今日はパーマリンクについて勉強していきます。アクセス数少しでも伸ばせないか、試行錯誤の日々です。 基本作業の一つで「パーマリンクの設定」忘れてませんか?

最初にブログ始める時に、どんな先生でも必ずふれてくるから聞いたことあったかと思うんですが、すっかり後回しになってましたね。早い段階で、パーマリンクの設定ルールを決めておきましょう。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、ブログの各投稿等の各Webページに割り当てられるURLのことです。パーマネントリンク(Permanent Link)の略で、Web上の住所の一番最後の番地みたいなイメージです。パーマネント(不変、永久)って意味です。

このページでいうと
https://risblog.net/permanent-link-think


permanent-link-think

の部分です。

これは自分で設定し、後からも変更できるものです。これが、何がいいのか、SEO的にも適したもの適してないもがあるのか、自由に変えられるといっても、どんな影響があるのか述べていきたいと思います。

 

パーマリンクを決める際の注意点

このパーマリンクは、ブックマークやSNSのシェア回数もリセットされてしまいます。変更すると、それまでのリンクではページが表示されなくなるのです。
なので、あとからも変更可能ですが、最初に設定したパーマリンクはずっと使い続けるつもりで設定しましょう。

SEO的にいけてるパーマリンク

結論からいうと、基本的にはパーマリンクは検索順位に影響しないと言われています。でもGoogle先生がパーマリンクの文字列に関して公式的に発表しているものとやらを確認すると、Googleはシンプルでわかりやすいものにしろと言っているご様子。

シンプルな URL 構造を維持する
サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。


たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation
のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。


http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1
のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。URL では区切り記号を使うと効果的です。
http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。

URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

https://support.google.com/webmasters/answer/76329?hl=ja

ちょっと、わかりずらいですが、
Googleロボットだってわかりやすい方が、識別しやすいんだよ、ってことかな。単語の羅列の時は繋げないで - ハイフン使ってねって感じで。

パーマリンクの名前はどうするの?

いろいろ調べましたが、何を付けておいても、SEO的にはあんまり関係ないようです。
後からカテゴリー分けを変更したりすると、区分が違ってくるので、/などでカテゴリーを区切らず、単体の表題テーマをわかりやすい英語にしといたら、あとから後悔なく、問題もなさそうです。きちんと英語のスペルを調べて付けておきましょう。
Googleアナリスティクスにもページ名が出ますから、番号よりも、green-appleのような意味のある名前にしといた方がアクセス確認しやすいです。

WordPressパーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定は、ダッシュボード内【設定>パーマリンク設定】にて行います。
デフォルトでは、日付と投稿名にチェックが入っていると思います。
ここでは投稿名にチェックを入れておきましょう。あとは、新規投稿の際に一つ一つパーマリンク設定で名前を付けていけばOKです。