2019年新型iMacってどお?その特徴をザクっと紹介

2019年新型iMacがしれっと昨日夜登場しました。
外観変化は特にない模様。

2019年新型iMac大きな特徴

 

  1. 第9世代/第9世代Intel Core 4/6/8プロセッサ
  2. Radeon 500Xシリーズグラフィック
  3. Radeon Pro Vegaオプション
  4. 基本構成では据え置きの値段
  5. Fusionドライブもそのまま
  6. 21.5インチ最下位モデルは変更なし。

 

外観デザインは大きな変化なし

サイズ・色共に同じ。

プロセッサ

Intel 第8世代、第9世代

21.5″ 4K 最大6コア4.6GHz
27″ 5K 最大8コア5.0GHz

Photoshopでは21.5インチでは最大40%、27インチでは70%高速化を実現。

価格

アップグレードしているが、据え置き。

2019iMacが良かった点

  1.  選択の幅が広がることにより、エントリー~ミドル、プロまでを提供できている。
  2. やっと6コア8コアになった。
  3. 価格据え置き
  4. Radeon Pro Vegaがオプション可能に

2019iMacが残念な点

  1.  外観が変わっていない。ポートの種類も変更なし
  2. 10ギガビットEthernetに非対応

オールインワンはコスパが高く、コードなどがなくすっきりおけるのがこのiMacの魅力。

iMacは、何が一番いいかというと、やっぱり画面のきれいさ。色はきれいだし、文字がとっても読みやすい。老眼や疲れ目の人にも優しいのです。

グラフィックはけちらず、良いものをチョイスした方がいいです。そこだけ注意ですね。

会社でiMacを使ってますが、2015年くらいのものですけど、もうへたってきています。画面に残像がのこるなど信じられませんけど。

でもほしい、ほしいですね。Mac Proも噂されてますので、それを待ちたいと思います!

このいMacもパワフルにアップグレードされてますので、欲しかった人にはかなりおすすめではあります。