AMP自動広告ってなに?GoogleAdSenseの広告表示

AMP(Accelerated Mobile Pages)

AMPとは

モバイル端末向けにGoogleとTwitterが行っているプロジェクト
モバイルページを高速に表示させるための手法(フレームワーク)のことです。
AMPに対応させるためには、AMP用のHTMLファイルが必要です。

AMP HTMLの記述はシンプル。ルールを確認して記述すればすぐ導入できる。

メリット
AMP 自動広告では次のようなメリットが得られます。

 

  1.  高品質なコンテンツの作成に専念できる。 AMP 自動広告では広告の掲載と最適化が自動的に行われるため、手作業にかかる時間を節約できます。
  2.  増収が見込める。 レイアウト、コンテンツ、既存の AMP 広告に基づいて AMP ページを分析し、新たな掲載場所を特定できます。
    使いやすい。 掲載したい各ページに同じスクリプトとコードを 1 つずつ設置するだけで、自動広告を表示できます。残りの処理は自動的に行われます。
  3. 「表示速度による離脱率がサイトの評価に影響することを考えれば、コンテンツを高速で表示させることができるAMPのニーズは高まっている。」

はい、ちょっとわかったようなわからないような。
まあ、高速で表示させる技術ということですね。それがSEO的にも良い結果を導き出すってことかな。

広告はこのAMP広告の方がいいの?

ページ自体がAMP対応でなければ、この速さというのは教授できない

 

テーマがAMPに対応していないといけないってことですね。

収益性について

AMP自動広告の収益率は、サイトによって違う。収益が上がる場合もあれば、変わらない場合もある。

広告の表示位置について

意図しない位置に表示されることがある。

設置方法

AMP化しているサイトでなければ、AMP自動広告は利用できません。
AMPページはAMPの使用になってなければいけない。

AMP広告は、通常の広告のように表示したい場所にコードを配置するのではない。
自動広告を表示する各ページのヘッダー部の指定箇所にコードを設置する。
(<head>タグ内と<body>
の直下の2箇所にそれぞれのコードを貼り付ける。)

 

設置についての参考リンク;
https://www.blogging-life.com/cocoon/install-amp-auto-ads-code/