2019年度版 Googleアナリスティクス導入方法

Googleのアクセス解析ツールがあり、登録すれば無料で使えるってご存知でしたか?!
はい、ris*は昨日まで知りませんでした。(;^ω^)

レンタルサーバーにも、通常はアクセス解析がありますが、Googleほど詳しくはわからないんですよね。いろんな会社がアクセス解析ツールを出していますが、Googleアナリスティクスは基本中の基本となるものです。
ネットビジネスをやる上で、アクセス解析は欠かすことができません。 アクセス解析をして、いったいどんな人が、どんなキーワードで、どこから、どのディバイスを使って、どのページにアクセスしているのか、を分析しなければ集客、利益にはつながっていきません。

毎度、やることがいっぱいですね。今日も頑張ってこれ何?を一つ一つ学んでいきましょう。

2019年度版 Googleアナリスティクス導入方法

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。
基本機能は無料で使えます。
基本は無料なのですが、
1000万ページビューを超えると、有料契約が必要です。データの保有期間は、2年間です。

具体的になにができるの?どんなデータがわかるの?(機能紹介)

できること;
ユーザー像を把握。
性別、年齢、アクセスポイントや地域など。
ユーザー像を詳しく分析することで、自分のマーケティングやコンテンツ、商品などの成果を的確に評価できる。サイトの利便性をカスタマイズできる、

滞在時間やまで把握できる。

Googleアナリスティクス 登録方法、使い方

導入は簡単!3ステップ

1、Googleアカウントの登録
2、Googleアナリスティクスの登録
3、トラッキングコードを設置

では説明します。

Googleアカウントを持っている人は、
Googleマーケティングプラットホームにある
登録画面に行きます。
https://marketingplatform.google.com/about/analytics/
ここで「無料で利用する」から進んでいきます。
アカウントの登録をして、コードをゲットします。(すいません、risのアカウントが英語でした!)

先ほどの登録が完了すると、トラッキングIDが発行されます。 これをコピーして自分のサイトに貼り付けます。

トラッキングコードの設置

LuxeritasにGoogle Analyticsを設定する方法
~WordPressの編集画面に直接トラッキングコードを貼る

WordPressでは、プラグインを利用した貼り付け方と プラグインは使わず、直接貼るやり方があります。 プラグインは無駄に増やしたくないので ここでは直接貼り付ける方法のみをご紹介します。

まずはトラッキングコードを確認しましょう。
Googleアナリティクスにログインして、
「管理」→「プロパティ」にある「トラッキング情報」→「トラッキングコード」を選択してください。このトラッキングコードをコピーしておきましょう。

LuxeritasにGoogle Analyticsを設定する方法

テーマによって設定方法が異なりますので
注意してください。
Luxeritasの設定は、
[WordPressの管理画面]ダッシュボードから[外観] → [テーマ編集] に進む。
「Luxeritas Child Theme」 から 「Luxeritas」の編集テーマに移動する。

ポイント;子テーマの方ではなく、親テーマの方で編集してください。

ヘッダー(header.php) のソースコードが表示されたら、その中から〈/head〉タグを探してください。
このタグは〈body/〉タグの直前にあります。

〈/head〉が見つかったら、その直前にさきほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けてください。

「ファイルの更新」をクリックすれば完了です。

Luxeritas テーマでない場合も、操作はほぼ同じです。テーマによっては親テーマ、子テーマなど設計の違いがありますので、テーマ別に詳しく解説しているサイトを検索していただいた方が安全です。戻すことができない操作になるので、やる前にきちんとバックアップをとっておくことをお勧めします。

念のため確認してみましょう。
Googleアナリティクスに戻り
リアルタイムのトラフィックレポートを確認すると確認できます。